【比較】電子マネー

スポンサーリンク

今や老若男女問わずみんな使っている電子マネーについて、紹介するとともに、比較していきます。

スポンサーリンク

電子マネーとは

いわゆるSuicaやWAONといった現金いらずに支払いできる機能のことです。カードタイプのものと、スマホなどに搭載されたものがあります。また、事前に電子マネーにチャージしておくプリペイドタイプと、あとから支払いするポストペイタイプがあります。

セブンアンドアイHDのnanacoや、イオングループのWAONは支払額に応じてポイントがたまり、ためたポイントを電子マネーに交換できるため、お得にお買い物ができます。

主な電子マネーはnanaco、WAON、楽天Edyといったところでしょうか。SuicaやICOCAなどの交通系電子マネーもありますが、今回の比較からは省きます。

また私は海外出張が多く、ANA,JALのマイレージがたまるのですが、マイレージを電子マネーに交換して使っているので、このあたりも紹介したいと思います。

スポンサーリンク

nanaco

セブンアンドアイHDが出している電子マネーです。キリンのキャラクターが目印です。カードタイプとスマホタイプがあります。

ポイント還元率

現在は100円の支払いで1ポイントつきます。2019/7からは200円で1ポイントになります。

他ポイントからの交換

ANAがマイレージたまっている人は、ANA 1マイレージ → nanaco 1ポイントに交換できます。

作り方

店員さんに作りたいと言うと作ってくれます。ただし200円取られます。たまに無料サービスしていますのでその時を狙いましょう。もしくはクロネコメンバーズに付属させて無料で作れるので、利用しましょう。

チャージ

セブン銀行のATMか、レジでチャージできます。チャージにはクレジットカードを使えば、クレジットカードのポイントもたまるので、二重にお得です。

利用店舗

セブンアンドアイ系列のお店です。有名どころだと下記でしょうか。

  • セブンイレブン
  • ビッグカメラ
  • そごう
  • マクドナルド
  • かっぱ寿司

WAON

イオングループが出している電子マネーです。犬のキャラクターが目印です。カードタイプがあります。

ポイント還元率

現在は200円の支払いで1ポイントが付加されます。

他ポイントからの交換

JALがマイレージたまっている人は、お得に交換できます。10,000マイレージ → 12,000ポイントに交換できます(19/4現在)。

作り方

イオン系列のお店で作れます。またJALのマイレージカードにも付属しているので、実はすでに持っている人も多いのではないでしょうか。こちらもクロネコメンバーズに付属させて無料で作れるので、利用しましょう。

チャージ

イオン銀行のATMか、WAONのチャージ機でチャージできます。チャージにはクレジットカードを使えば、クレジットカードのポイントもたまるので、二重にお得です。

楽天Edy

楽天HDが出している電子マネーです。カードタイプとスマホタイプがあります。

ポイント還元率

200円の支払いで1ポイントが還元されます。

他ポイントからの交換

ANA、JALのマイレージから交換が可能ですが、それぞれのマイレージカードに付属している楽天Edyでしか交換できないなどの制約があるようです。

まとめ

マイレージとの交換を考えると、ANAマイレージ→nanaco、JALマイレージ→WAONでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました